あなたのキレイと健康の応援ショップ『ヘルスショップ.jp』 ●販売累計48万個を突破する大ヒット商品、おヘソに貼るだけで便通促進・簡単ダイエットを実現する「ダイエっ炭」をはじめ、郵送で行う話題の遺伝子検査キット、そして核酸補給食品など、美容と健康の厳選アイテムを販売しています。■取扱商品/各種遺伝子検査キット(アルコール感受性/発がん物質感受性/肥満遺伝子)・ダイエっ炭・LS核酸1200VC・LSヒアロコラーゲン核酸・セルリタンDNA・メシマピュア・スーパークレソンEX・かるガルDietコーヒー・ロイヤルエッセンス・薬用フジエール他

トップページ商品カテゴリ一覧お支払・配送について運営者の紹介新着情報お問い合わせカートの中

話題の「核酸とは?」 「核酸って?」
どんな物質なのでしょう?

そして「核酸とは?」 私たちの体内で
どんな役割を果たしているのでしょう?

また「核酸とは?」
良質なものを補給できるのでしょうか?

「核酸とは?」
是非、ご一読くださいませ。
 
 

『核酸』 傷ついた遺伝子を修復・細胞から若返る究極の栄養素『核酸』。近年、殆どの病気の原因が遺伝子にあることが解明され、遺伝子治療や遺伝子診断などが話題になっています。そして今、この遺伝子が傷つくのを防ぎ、また修復することで成人病や生活習慣病・老化を予防する、非常に重要な栄養素として「核酸」が熱い視線を浴びています。

 

『核酸とは』 核酸こそが、生命の基本物質

 生命の基本物質・・核酸とは?

『核酸の基礎知識』細胞核の中にあるのがDNA(デオキシリボ核酸)、細胞核の回りの細胞質の中にあるのがRNA(リボ核酸)です。この2つがセットになって新陳代謝(細胞分裂)を担っています。私たち人の体は約60兆個の細胞から出来ていて、
その細胞は古くなったら死に、また1つの細胞が
2つに分裂して、全く同じ細胞を作り出す細胞分裂に
よって生まれ変わっています。
いわゆるこれが新陳代謝です。

細胞が分裂する時に、まず2つにわかれる核。
この核の中にある酸性の物質こそが『核酸』です。

核の中にあるのが
DNA(デオキシリボ核酸)
核の回りの細胞質中にあるのが
RNA(リボ核酸)
この2つがセットになって細胞分裂を担っています。

DNA(核酸)は、2重らせん構造をしていています。→
はしごに例えてみると、横木を作るのが4種類の塩基(ヌクレオチド)です。
この
アデニン〔A〕 チミン〔T〕 グアニン〔G〕 シトシン〔C〕 のたった
4種類の塩基の並び方こそが遺伝情報そのものなのです。

このDNAの遺伝情報は、一人一人微妙に違っていて、姿、形、性格の異なる
個性を作り上げる元になります。これに基づいて
RNA(核酸)は、たんぱく質
の合成を実際に行っています。


『核酸』 DNA(デオキシリボ核酸)は人体の設計図、RNA(リボ核酸)は設計図通りに作業をする大工さんという関係です。

つまり DNA(核酸)は人体の設計図、そしてRNA(核酸)は血液や各細胞等の
基となるタンパク質を設計図通りに合成・作業する大工さんという関係です。
 


『核酸とは』核酸は遺伝子の本体そのものを構成している重要な物質です。若さの源である新陳代謝を担い、遺伝子にとって最も大切な栄養素「核酸(DNA・RNA)」とは、まさに生命の基本物質といえるものです。

 



『核酸の基礎知識』 病気や老化のカギを握る遺伝子

 DNAは、遺伝を支配する遺伝情報(※遺伝子)です。遺伝子に組み込まれた
 設計図に従って、作られるたんぱく質の種類や量が決定されます。

 
この設計図に間違いが起こると当然、さまざまな弊害が起きてきます。


 
日本人の死亡原因トップはガン(癌)です。

『核酸』  図1そのガンも遺伝子が傷つくことが発症する発端
原因です。遺伝子が傷つくと本来の設計図に
はないタンパク質が合成され、結果として異常
細胞が生まれます。

その異常細胞が細胞分裂を繰り返す中で、
突然変異としてガンが発生します。


最近の研究ではガンをはじめ、心臓病・糖尿病・
高血圧、痴呆、更にはアトピーなどの自己免疫に
関わる病気の原因に、遺伝子が間違っていたり、
遺伝子が傷つけられていることと、関わりがある
                                             ことが明らかなっています。

『核酸の基礎知識』最近の研究では、ガン(癌)をはじめ、心臓病・糖尿病・高血圧・アトピーなどの自己免疫に関わる病気の原因にも、遺伝子が間違っていたり、傷つけられていることと関わりがあることが明らかになっています。ガン(癌)をはじめとする多くの病気を予防するためには、遺伝子が傷つかないよう、設計図が間違わないよう、自分自身で守ることが重要です。

 



『核酸』 日々、傷つけられている遺伝子

  大切な遺伝子が、日々傷つけられていることをご存じでしょうか。 

『核酸とは』大切な遺伝子が、日々傷つけられていることをご存じでしょうか。遺伝子を傷つける原因には発がん物質やウィルスなどがありますが・・・何といっても、遺伝子を傷つける最大の原因は「酸素」です。呼吸で取り込まれた酸素は、代謝の過程で毒性・酸化力の非常に強い『活性酸素』を生み出します。これこそ遺伝子を傷つける最大の悪役。活性酸素は、激しい運動をした時やストレスを感じた時、喫煙、家電製品から放射される電磁波、紫外線、食品添加物や残留農薬、工場や車の廃棄ガス、そしてスナック菓子やインスタントラーメンのとり過ぎなどでも発生します。 遺伝子を傷つける原因には発がん物質
ウィルスなどがありますが・・・

何といっても、遺伝子を傷つける最大の
原因は「酸素」です。


呼吸で取り込まれた酸素は、代謝の過程
で毒性・酸化力が非常に強い
悪玉酸素
いわゆる『活性酸素』
を生み出します。
これこそ遺伝子を傷つける最大の悪役。

「活性酸素」は喫煙、家電製品の電磁波、
紫外線、食品添加物や残留農薬、工場や
車の廃棄ガス、水道水中のトリハトメタン、
そして激しい運動をした時やストレスを感
じた時などに大量発生します。
またスナック菓子やインスタントラーメンの
とり過ぎなどでも発生するのです。


 酸素を吸って生きている私たち人間にとって、細胞や遺伝子を傷つける
  活性酸素の発生は避けられない宿命です。


  本来、活性酸素は体内に侵入する細菌を撃退する免疫システムとして重要な
  役割も果たしています。しかし、大量発生することで、自分自身の遺伝子まで
  にもダメージを与えてしまい、結果、生活習慣病などを誘発してしまいます。


『核酸の基礎知識』私たちの体には活性酸素による遺伝子の損傷を未然に防ぎ、さらに傷ついてしまった遺伝子の修復する力が備わっています。その重要な役目を担い、私たちの健康を守っているのが核酸です。

『核酸』  核酸は通常、体内(肝臓)で合成されて、10代までは一定量が保たれています。しかし、20歳を過ぎた頃から核酸の体内合成量は減り始め、40歳を過ぎる頃には急激な下降線をたどります。老化による免疫機能の低下や、核酸の合成が減ることなどで、年齢を重ねるにつれて遺伝子は傷つきやすくなり、傷ついた遺伝子の修復能力も低下しますから、年をとればとるほど宿命的に病気に罹りやすくなるのが現実です。

 



『核酸とは』 新陳代謝には核酸が必要不可欠

  核酸とは・・新陳代謝には必要不可欠な栄養素!

『核酸の基礎知識』  図2私たちの体は、たんぱく質が結合された約60兆
個の細胞から作り上げられています。

その細胞は古くなったら死に、残った細胞が分裂
をして新しい細胞を生むという新陳代謝を繰り返
しています。

新陳代謝(細胞分裂)は、遺伝子の指令のもと、
約20種類のアミノ酸(たんぱく質)を組み合わせ
て、同じ細胞を作っていますが・・・

この新陳代謝が実行される時に、材料として
なくてはならない物質が 『核酸』 です。



『核酸』新陳代謝(細胞分裂)は、遺伝子の指令のもと約20種類のアミノ酸を組み合わせてコピーされますが・・・この新陳代謝が実行される時に、材料として使われるのが「核酸」です。細胞がイキイキ生まれ変わる新陳代謝には、核酸は必要不可欠な栄養素です。

 



『核酸とは』 老化はいつ頃から始まる?

『核酸の基礎知識』  老化はいつ頃から始まるのでしょう?新陳代謝は、美しさ、若さの源です。

その新陳代謝を担っている核酸は、体内で合成
され、10代までは一定量が保たれています。

しかし、20歳頃をピーク(※個人差あり)に、
  この核酸の体内合成量が減り始めるのです。

●新陳代謝の材料である核酸の合成量が減り
   始めれば、同時に新陳代謝も衰え始めます。

つまり、核酸の体内量が減り始めるこの時期・・
20歳以後から「老化」が始まるのです。

 

『核酸』その新陳代謝を担っている核酸は、体内で合成され10代までは一定量が保たれています。しかし、20歳頃をピーク(※個人差あり)にこの核酸の体内合成量が減り始めるのです。核酸の合成量が減り始めれば、同時に新陳代謝も衰え始めます。つまり、核酸の体内量が減り始めるこの時期、20歳以後から「老化」が始まるのです。

 



『核酸とは』 美しさの秘訣は、細胞から若返ること

 表面的な老化として象徴されるのは、体型とお肌ではないでしょうか。
 俗に「中年太り」といわれる体脂肪の増加と身体のタルミ、また乳房やお尻が
 垂れて体型を崩すことなどは典型的な老化現象といえます。

 
10代までは体内に核酸が豊富なので、新陳代謝も活発に行われていま
 す。同時に基礎代謝量(※ジッとして動かなくても消費するエネルギー量)
 も多いので、過食をしない限りは太ることはありません。


 しかし、30代→40代→50代と年齢を重ねるにつれ核酸の合成量が減りま
 す。そうすると、新陳代謝は衰え、基礎代謝量も少なくなります。
 結果として、若い頃と変わらない食事量(カロリー)でも、基礎代謝量が減った
 分のカロリーが消費しきれずに、体内に脂肪として蓄積されます。
 
これが「中年太り」の原因です。
 

『核酸の基礎知識』表面的な老化として象徴されるのは、体型とお肌ではないでしょうか。俗に「中年太り」といわれる体脂肪の増加と身体のタルミ、また乳房やお尻が垂れて体型を崩すことなどは典型的な老化現象といえます。10代までは体内に核酸が豊富なので、新陳代謝も活発に行われています。同時に基礎代謝量(※ジッとして動かなくても消費するエネルギー量)も多いので、過食をしない限りは太ることはありません。しかし、30代→40代→50代と年齢を重ねるにつれ核酸の合成量が減ります。そうすると、新陳代謝は衰え、基礎代謝量も少なくなります。結果として、若い頃と変わらない食事量(カロリー)でも、基礎代謝量が減った分のカロリーが消費しきれずに、体内に脂肪として蓄積されます。これが「中年太り」の原因です。

 また、「25歳はお肌の曲がり角」という言葉があるように、20〜25歳を境に
 肌の老化も加齢とともに飛躍的に進行します。

 皮膚は本来、体の中でも新陳代謝が活発な部分です。古い皮膚の下に新しい
 皮膚ができて、どんどん細胞の新旧交代が行われます。

 ところが、年齢とともに新陳代謝をつかさどる核酸の合成量が減って不足する
 と、皮膚細胞の生まれ替わるスピードが鈍くなったり、正常な新陳代謝が行わ
 れずに停滞したりします。
 
これが肌老化といわれるシミ・シワ・タルミなどの原因なのです。 


『核酸』多くの女性がスリムで美しくあるために、つらい運動やダイエットを行い、またシミやシワの予防・改善目的で高価な化粧品を買ってケアします。でも実は核酸ほ補給して、新陳代謝を若い頃に近づけることこそが、どんなことよりも、またどんな物よりも効果的な美容法なのです。

 



『核酸とは』  核酸不足によって加速される老化現象

 核酸は、体内の肝臓で合成する方法(デノボ合成)と、食品からとった核酸を各
 細胞で再利用する方法(サルベージ合成)の2種類によって作られています。
 ところが肝機能は年齢とともに衰えていき、特に20歳を過ぎるとデノボ合成力
 は低下して、体内に蓄えられている核酸の量が慢性的に不足しています。
 

『核酸とは』  核酸不足によって加速される老化現象/肌の老化(肌荒れ・肌のたるみ・小じわ・シミ)/遺伝子の防御・修復機能の低下(ガンなど、病気になる危険が高まる)/胃腸の老化(便秘・消化吸収力の低下)/組織の再生能力の低下(骨折や傷の治りが遅くなる)/血液の老化(貧血・白血球減少による免疫力の低下)/精子生産能力の低下(精力の減退)/肥満

 

『核酸の基礎知識』  核酸は毛髪も元気にします!

 ハゲや白髪の原因には色々あります。
 (1)ストレスが毛髪の成長を阻害する物質を過剰に作り出す。
 (2)男性ホルモンDHTが、毛の成長や発毛のエネルギーとなる
ATP という
    物質の合成を阻害する。

 
そして、RNA(核酸)の減少がハゲや白髪の原因とするものがあります。
 毛根にはたくさんのRNA(核酸)がありますが、肝機能が低下したり、老化に
 よって毛根中のRNA(核酸)は減少します。

 
RNA(核酸)が減れば、毛髪の原料であるタンパク質の合成が行われなくな
 るのでハゲるというわけです。また毛の成長や発毛のエネルギーとなる ATP
 は、核酸成分の一種であるアデノシンから作られているため、核酸を補給する
 と毛母細胞を刺激して毛を甦らせます。さらに、核酸には血管拡張作用もある
 ので、毛母細胞まで充分に栄養を行きわたらすことで発毛を促します。

 

『核酸』  核酸は記憶力も高めます!

 核酸は、学習・記憶能力の向上にも効果を発揮します。

 
ネズミを使った実験では、ネズミの脳内にRNA(核酸)合成阻害剤を注射して
 学習させると、一見は正常に行動できますが、5時間もするとその学習内容は
 忘れられてしまいます。一方RNA(核酸)の成分であるアデノシンを同時投与
 すると、記憶障害はみられませんでした。

 
これは、RNA(核酸)は記憶の保持に必要であることを示しています。

 



『核酸とは』 細胞から若返る『核酸』を補給する

 減ってしまった細胞を補給したり、新陳代謝(細胞分裂)を活発にして、傷つい
 た遺伝子を修復する、若さと健康の基本物質 『 核 酸 DNA・RNA 』。
 しかし20歳を過ぎるとデノボ合成(体内合成)が低下し始め、40歳を過ぎる頃
 には急激な下降線をたどります。

 20歳以降、特に中高年の方は、体を構成している約60兆個の細胞を順調に
 機能させるためには、不足している核酸を補給する必要性があります。
 


    『核酸の基礎知識』細胞から若返る核酸を補給する方法はあるのでしょうか?

     食品の中で、ずば抜けて大量の核酸を含むのが
「鮭(サケ)の白子」で、
     次いで多いのが
「ふぐの白子」ビール酵母」などです。

     食品から核酸を摂取する場合に、気をつけたい点があります。
     まず、できるだけ塩基(構成するたんぱく質)のバランスがよいこと。
     もう一つは、高分子の核酸を摂ることです。
     高分子核酸は、ヌクレオチド・ヌクレオシドという核酸の構成成分に分解され
     吸収された後、核酸の合成に再利用されます。

     そういう点を考慮すると DNA(核酸)を摂取する最高の食品は「鮭の白子」
     RNA(核酸)の摂取ではビール酵母」です。



『核酸』 DNA RNA
しかし、「鮭(サケ)の白子」や「ビール酵母」は、
日常の食生活ではほとんど馴染みのない食品で、
現実的にこの2種類を毎日食するのは困難です。

そんな場合には、
鮭白子エキスとビール酵母抽出物が高含有されて
いる核酸を主体とした健康食品(栄養補助食品)を
お薦めします。






 
『核酸とは』鮭(サケ)白子エキスには、高分子DNA核酸が約30〜40%含まれていて、残りの大部分は「プロタミン」という塩基性たんぱく質です。そのプロタミンの約60%はアルギニンですが、最近の研究でも、核酸と同時に摂取することで、複合的な相乗効果が期待できます。核酸を主体とする健康食品(栄養補助食品)を購入する際には、核酸とともにプロタミンが含有されている製品の購入をお薦めします。※(注)原料が鮭の白子でも、「プロタミン」が全く含有されていないものもあります。

『核酸の基礎知識』  核酸普及協議会推奨シール 世界15カ国で特許を取得した成分を使用している製品だけに貼られる「信頼」と「品質保証」のシールです。核酸製品を購入の際には、必ずご確認ください。

 


 

『核酸』 鮭白子エキス摂取によるプラスアルファ効果

 鮭白子エキス(又はサケ白子抽出物)による核酸補給には、同時に、効果的で
 優れた4通りのダイエットが体感できます。
 

『核酸とは』   核酸(鮭白子エキス)補給により、4種類のダイエットを実現。@核酸の補給で新陳代謝が若い頃に近づき、
  基礎代謝量(消費エネルギー)が増大する。

A核酸の構成物質の一部「アデノシン」には、
  糖質の吸収を抑える働きがある。

B鮭白子の構成たんぱく質「プロタミン」には、
  脂肪の吸収を抑える働きがある。

Cプロタミンには、脂肪燃焼アミノ酸とよばれる
  リジンと大量のアルギニンが含まれています。
  就寝前に摂れば、睡眠時、成長ホルモンの
  分泌が促進して、ナイトダイエットも。
 

 


 

   『核酸の基礎知識』  核酸は男性の精力アップにも!      年をとると誰でも精力が衰えます・・でも?

   男性の精巣は、人体でも最も細胞分裂が活発な器官の一つで、核酸不足の
   影響をてきめんに受けます。実際に精力減退気味の人に、食後3回に分けて
   鮭白子エキスを1000〜2000r摂らせた結果、2週間以内に60%以上の人が
   精力の増強を感じたということです。

   それは、鮭白子エキス(又はサケ白子抽出物)に大量に含まれるアルギニン
   に強力な強壮作用があり、また核酸の構成物質の一部であるアデノシンに
   は勃起力を高める働きがあるからです。




核酸とは・・・細胞から若返る・傷ついた遺伝子を修復する 

核酸/核酸−細胞から若返る・傷ついた遺伝子を修復する U

核酸とは・・・細胞から若返る・傷ついた遺伝子を修復する 

核酸/核酸−細胞から若返る・傷ついた遺伝子を修復する U

核酸とは・・・細胞から若返る・傷ついた遺伝子を修復する 

核酸/核酸−細胞から若返る・傷ついた遺伝子を修復する U

核酸とは・・・細胞から若返る・傷ついた遺伝子を修復する 

核酸/核酸−細胞から若返る・傷ついた遺伝子を修復する U